ご要望にお応えします!
組み替えから特注まで、可能な限り対応します!
詳しくはこちらをクリック!
ホーム > コンテンツ > 万全な施工方法
  製品情報
 製品一覧
 万全な施工方法
ディスプレー用アームは「いかに快適に見ることができるか?」という、欲求を満たすという意味だけでなく、地震等の防災対策としての側面からも普及しています。そこで、より万全な防災対策を行うことができる弊社が提案する施工技術を以下にご紹介します。
 
 C型クランプ固定式

弊社のC型クランプには裏面にφ8.4の穴を4個用意しています。
C型クランプをノブで締めた上で、更に頭の直径が9mm以上の丸木ネジ(M4.8以上)などで裏面の穴を通して棚などに固定すると、地震対策は一層万全なものとなります(左図を参照)。

ただし、このご提案は取りつける棚などが木製で、中が空洞でない場合に限ります。

 
 グロメット固定式
弊社のグロメットには直径9.5mmのボルト(いわゆる3分ネジ)を内蔵させています。

1:棚などに固定する場合、直径10mm程度のドリルで棚などに穴を開けます。
2:グロメットのボルトを通します。
3:ナット(14mm)をスパナかレンチで締めます。
※ 取りつける棚などの中が空洞などの場合は、補強が必要です。

1 2 3    
   
 
  ブラケット壁面固定式・フランジ天井面固定式
壁面や天井面に固定する場合は、壁面や天井面そのものの強度が判断しにくいので、施工業者さまによる取りつけを推奨いたします。

下の図は施工業者さまによるコンクリートスラブにアンカーボルトを直接打設する「金属拡張アンカー」と呼ばれる例、それも天井面での施工例です。拡張部をもつ金属性の部材を所定の深さまで挿入、打撃または回転締つけなどで拡張部を開かせ、コンクリート孔壁に食い込ませ、機械的に固着させます。

※金属拡張アンカーはいろいろな形状のものがあります。建築金物店などでご相談ください。

1 2 3 4 5
 
  フランジの床面直接固定式
床面への固定は下に向かっての作業ということで、経験の少ない方でもかなり本格的な地震対策が可能です。

床面も「金属拡張アンカー」方式は可能ですが、ここではエポキシ樹脂による固着の例をご案内します。弊社のマルチタイプ・ポール用のフランジの場合、M10(直径10mm)のアンカーボルトを最低4本用意します。建築金物店にございます。

下図では直線状のアンカーボルトをイメージしていますが、抜けにくいJ字形状のアンカーボルトなどがあります。
1:ドリルでアンカーボルトを埋め込む空間を作ります。
  J字形状のアンカーボルトの場合、直線状のアンカーボルト時より大きく切り開く必要があります。
2:切削した穴にアンカーボルトを入れます。
3:つぎに穴の空間の8割程度乾燥した大きめの砂粒などを入れます。
4:主剤と硬化剤を充分に撹拌したアンカーボルト埋め込み接着用エポキシ樹脂を注入します。
5:アンカーボルトが垂直に保たれるようにした状態で硬化を(25℃でおおよそ24時間)待ちます。
6:硬化後フランジを固定します。

1 2 3 4 5 6

下図の施工例では、アンカーボルトを挿入した後でエポキシ樹脂を注入していますが、粘度が高めのエポキシ樹脂の場合は右図のようにエポキシ樹脂を注入後、アンカーボルトを挿入します。

この工法では、エポキシ樹脂の主剤と硬化剤の攪拌の具合がポイントです。 主剤と硬化剤を充分に混ぜてください。

なお、エポキシ樹脂メーカーにより主剤と硬化剤の混合割合が異なります。ご注意ください。



 
  床面下が空洞の場合のフランジの固定
歯科医院さまなどの場合、水道管・下水道管・電線・LANケーブルなどを張り巡らせるため、床が二重になっていて、直接の床の下は空洞というケースがあります。

この空洞部分に手を入れ、スパナとかレンチとかの工具を使うことができれば、前述のグロメット固定の場合の要領でフランジを固定できます。問題は、床下の空洞に手はおろか工具を入れることもできない場合です。弊社はこの場合でも簡単に作業できる施工方法を用意いたしました。

1:ドリルで床にφ14の穴をフランジの穴位置に従って4つ開けます。
  床の厚さが30mm以下の木部の場合、あて板を用意し、30mm以上になるようにしてください。
2:弊社の用意するM8のガイドつきナット・メカナットを、プラスチック・ガイド部を持って
  この穴に通します。
3:穴に通したら、釣りの要領でナット部を床下裏面に引っ掛けます。
4:プラスチック・ガイド部の先端についたワッシャ部をプラスチック・ガイド部に沿って下げ、
  ナット部とワッシャ部で床板をはさみます。
5:プラスチック・ガイド部の不要部分をカッターで切り落とします。
6:M8のボルトでフランジを固定します。

このガイドつきナット・メカナットのご要望につきましては、お気軽にご相談ください。

1 2 3 4 5 6
よりよい環境づくりのお手伝い!
医療・教育・ビジネスに最適なモニターアーム専門メーカー



〒114-0014 東京都北区田端1-25-19 サントル田端1丁目 1F
TEL:03-5809-0613   FAX:03-5809-0623
> プライバシーポリシー Copyright© Livecreator Co.,LTD. 2009 All Rights Reserved.